00
有り余るお金があるとこんなコトもできる様です

ガチャ産キャラに関する記事を書くと大抵「無課金ガー微課金ガー」な人も登場するし、
今日は今現在私が思ってる無課金・課金(微or重)の定義について語ってみようかなと

01

まぁこの手の定義とゆーのは世の中の情勢とか対象となる課金ゲームの人気度など
色んな要因でコロコロ変わるモノと思ってマスので、あくまで今現在での私の定義とゆーコトで。


【無課金ユーザー】
これはまぁ説明の必要はありませんねー
対象となるタイトルに一切課金せず配布クリスタルのみで生活する人です。
黒猫のウィズにおいては、ユーザー離れが加速し始めた頃から
尋常ではない量のクリスタルを配布する様になったので、
優越感云々よりも、あの手この手と工夫して遊べればいいやーというのを主とした人。

勿論、配布クリスタルのおかげで全く課金ガチャに手を出せないワケではナイので、
たまたまツイてれば強力な限定キャラが手に入るコトもありえなくはナイです。
この辺はパチンコやパチスロと同じで、その時のツキ次第と申しましょうか、
確率の一時的な偏りはあっても誰であろうと可能性は一律です。
なので無課金では理想の最速デッキを組めるケースは極めて稀で、基本的には工夫が求められます。

ゲームを始めたばかりの新規ユーザーはほぼ全員ここに分類され、
それから一定の期間を経て課金組に移行する・しないが決まってくるのですが…
そこで課金組に移行しなかった人は今後も課金するコトはまず無く、
直接的な売上に繋がるコトなく、まぁ大体は頭数だけの存在となります。

また過去は課金していたユーザーでも課金ガチャのシステム自体に疑問を感じる様になり
不可逆的に無課金組へと移行するケースもありますね。
言うまでもなく、古参で無課金を貫いている人には今後も1円たりとも売上が期待できないのがミソ。

ただ…基本頭数要員とは言うものの、
一般的なMMORPGと異なりゲーム内での個対複数のコミュニケーション要素がほぼ皆無な為、
数字が直接的に目に見える「魔道杯の参加人数」位しか貢献できる要素は無く、
実際は無課金プレイを謳う外部ブロガーが代表して無課金への夢を見せてるといった感じかな。
残りの人はどんなに高尚なコトを言おうと結局ぶら下がってるだけとゆーか(笑)
でも、アクティブ・非アクティブ全て含めて圧倒的に多いのは、この層なのかも。


【微課金ユーザー】
ここら辺から個人間の解釈が大きく変わっていくのですがー、
基本的には無課金プレイをしつつ、
クリスタルガチャ入替の際に10連ガチャを回すにはほんの僅かに足りないという時や
カード所持枠を少し増やしたい時だけ必要最低限のクリスタルを購入して補う系の人。

なので、
ガチャ入替時に既に10連ガチャを回せるだけの配布クリスタルを所持してる場合や
カード所持枠も増やす必要性がナイといった場面では無課金ユーザーとほぼ同じ。
ただ、半月おきのガチャは安定して回せるだけに、
無課金ユーザーよりも手持ちが若干充実する傾向アリ。


【平凡課金ユーザー】
手持ちのクリスタル残量に関わらず
ガチャ入替のたびに10連ガチャを1回~複数回できるだけの課金をする系の人。
ただし課金額自体はあくまでも個人の生活に影響しない趣味の範囲内なので、
毎回10連1回分のみ課金という人もいれば、50連分までは課金という人もいて個人差アリ。
この辺りの人は大抵自制が効くので深追いするのは極めて稀ではあるも、
所持しておくべきキャラはそこそこ所持していてプレイする上で困る事はほぼナシ。

ネット上でよく見かけがちな「0か100か」でしか判断しない
真性または予備軍のアスペライクなユーザーはこの辺りを全く考慮してないケド、
課金アクティブユーザーの中では、このタイプが一番多いと私は思うかなー。


【重課金ユーザー】
ガチャ入替のたびに全キャラコンプや特定キャラ艦隊を狙う系の人。
たとえその後の生活に支障が出ようとも狙ったキャラが必要枚数揃うまでは回すので
もはや依存症を疑う余地ナシではあるも、最も運営を支える柱であるコトもまた事実。

また大金を流し込んで作った奇特なデッキでクエストを攻略しSNSでアピール。
全国に散らばる同タイトルゲーマーから尊敬の念を込められる事に悦びを得るといった
極めて病的な承認欲求(または脳内の快楽物質依存)を持つケースも多い傾向にあるかなと。
もし世の中にSNSや情報サイトが存在しなければここまでハマる事はまずナイと思うケド、
この重課金ユーザーが運営の支持母体であるコトは疑い様のナイ事実なので
仮に運営視点から見れば本当の意味での上客ではあるのかも知れないですねー。

とはいえ、個人的なプレイを超えた場所で欲求を満たす行為が癖になるというコトは
喫煙におけるニコチン依存、アルコール依存やギャンブル依存と何ら変わらず
自分の意思では絶対に脱するコトのできない病的依存の状態とも言えるワケで。
いずれ再び大きな社会現象になるコトは必至かなと。




まぁお金とゆーモノは日本国内における貨幣価値という絶対的な基準はあるも、
個人間にとってもその価値は大きく変わってきますしねー。
例えば世の社会人男性の2%は年収600万円を超えてると言われてますケド(羨ましいネ!)
そーゆー人達と、例えば実家暮らしの無職ニートの人達で比較しても、
同じ1万円で店で買えるモノは同じでも、その1万円自体の重みは全く違うとゆーか。

なので「幾ら使えば微課金で、幾ら使えば重課金か」といった事を考えるにしても、
1万円で大騒ぎする人もいれば10万円でもケロリとしてる人もいるので
一概に金額で分類するには、チョイと無理があるんじゃないかなーと思うんですよね。

そんなワケで今回は具体的な利用額ウンヌンではなく、
どういう課金の仕方をするかとゆー観点から分類してみるコトにしましたよと


※ボチリと投票しとけやー\(^o^)/


黒猫あんてなにも参加しています