00
褒めるべき所はひとつもなかった一年だった様な

さてさて、一年もアッとゆー間に過ぎ去ってしまって
もう今日で2017年(平成何年だっけ)も終わりですねー…ってコトで
今年一年の黒猫のウィズを振り返ってみましょかね的な記事ですケド

とりあえず一言で片付けてしまうなら
「運営の努力に反比例して、見限っていくプレイヤーが増えた一年」
…といった感じですかねー

まぁここ1~2年は魔道杯のアクティブユーザー数も大幅に減り続けてたし
一部の熱心な人たちだけが加熱してるだけで実情は張子の虎といった感じ?
何故こうなってしまったのか、私なりに思う所を挙げてみると…

①ストレスが溜まるだけの意地悪なギミックの増加
②デッキ構築の幅が限定ガチャメインに偏り過ぎている


大きく分けるとこの2つが中心になってるのかなーと思うワケです。

イベントクエストにしても大魔道杯にしても
求められるのは「現在は入手できない」過去の限定ガチャ産キャラや
代用できても過去の魔道杯やイベントで配布されたキャラばかりで
現行イベントを冠する魔道杯で現行ガチャのキャラが戦力にならないとか
新規で始めたばかりの人はいくら課金しようと数ヶ月は指を咥えて見とくしかナイし
目に見えた結果がすぐ出ないのに課金しても仕方がナイとゆーか…。

まぁ魔道杯はこれまでに幾ら課金してきたかとか
これまでいかに代用品で代用品を集めてこれたかとか
それに加えて自分の時間をどれだけ切り売りできるかをアピールする場なので
ウィズ最大のイベントとはいえ出来ない人は切り捨てられるしかないケド
この辺はイベントトーナメントが実装されて以降は更に拍車が掛かった感じ。


またAppストアやGoogleストアでウィズのユーザーレビューを見てると
「割とガチャを回せるので無課金でも遊べて良いゲームと思う」
…といったレビューが本当に多いケド、
こういう人は本当に上っ面(タダガチャが出来る点)しか見てナイとゆーか。

長くプレイしようと思ったら必ず必要になってくるサポート系のスキル、
例えば軽減やステータスアップ等のスキルですケド、
そもそも基本ガチャ(クリスタルガチャ)では全属性分、揃いませんからね。

大事なスキルは必ずといっていいほど期間限定ガチャからで、
その期間を逃すと、凱旋などで復刻されない限りはもう手に入らない…と。
無課金でいくらガチャが回せたとしても
本当にこんな仕様で「無課金に優しい良いゲーム」と言ってしまってヨイのかな?
私はそうは思わないんですよねー。


こんな状態で限定キャラのスキルを要求するクエストを作ってこられても
新規で初めて少しやり込み始めた程度だと、まぁ頭ごなしでウンザリしますよね。
また古参の人でもガチャ運に恵まれず手持ちが揃ってなければ、ウンザリするかと。
不毛な周回要素があれば、尚更。

そりゃ新規で入って定着する人数よりも
嫌になってヤメていく人数の方が多いのは当たり前といえば当たり前のハナシ。
新規で入って「やっぱなんか違うわ」とヤメていく人だけでなく、
ウンザリしたりモチベーションを失ったりでヤメていく古参も加わるんだから。

でも…
TwitterなどのSNSで築き上げてきた人間関係に依存してソレを捨てられなかったり
これまでの課金額を顧みるといまさら引くに引けないといった方も必ず居るワケで
そういった方々のおかげで魔道杯のデイリー&総合争いが過熱してる様に見えるし、
ウィズのセールスランキングもある程度は確保出ている様にも見えなくもナイしね。

単純に1万人が平均1000円使ってた時代から、
1000人が平均1万人使う時代に変化しただけかも知れないケド。


あとゲームへの意見の取り入れ先が
一部のユーザーと直接馴れ合っているTwitterなどのSNSや、
ニコ生など特定の時間に視聴出来る人しか集まらない場所しかナイのも、ね。

確かに熱心な人は集まってるんだろうケド、
そういう所からだけ意見を集めた所で万人が遊びやすい環境は作れないかなと。
こういった部分もユーザー数を減らす要因の一端とは思うんですケドねー。


まぁとにかくこんな感じで一部の白熱した盛り上がりの裏では
確実に終焉の足跡が忍び寄りつつある不安が高まる一年だったかなと。
他人事ではあるケド、その他人事に不安な気持ちを抱くは嫌だから
一度何もかもかなぐり捨ててガチでやってた自分とも決別したんですケドね

もう運営がここから盛り返せるとは思えないので
簡単に回れる所だけ回って石が貯まればガチャをする程度でお茶を濁す
…といった感じになるのかなと、来年は。


てなワケで皆さんもよいお年をー\(^o^)/餅を喉に引っ掛けないよーに


※投票のご協力をおねがいしまーす


黒猫のウィズch黒猫あんてなに掲載して頂いてます