00
かなーり辛いかもわからんね

さっき近所のスーパーまで買い物に行ってたんですケド
お店に入るなりおいしそうな焼き芋のニヨイが漂ってきたので
たまには買ってみようかなと思うもストッカーに焼き芋は入ってなくて
じゃあこのニヨイは何なの!と非常にガッカリしたとゆー私です

さてさて
昨日から始まってる「アイドルωキャッツ!!」(続編は!が2本)ですケド
まぁまぁ思った通りの鬼周回イベントですね、これ
総獲得ファン人数の報酬が1億人まであるしね(笑)
違った、総獲得ファン1億人じゃなくてアイドルポイント1億だた>_<


各アイドル毎のファン数獲得ミッションも500万人のジャンル結晶までと思いきや
実はその後も地味に続いて最終的には1000万人まであったりとか。

02
1000万人の報酬はクリスタルです。

ファンの人数は各アイドルに設定されているクイズのジャンル正解数でも増えるケド
実はそれよりもLIVEパネル(長いのとか黒いのとか)を踏んだ方が増えるので
結局、ほとんどの級をまんべんなく周回しないといけなくなるのがミソ。

01
一晩やっててまだ全然途中

覇級と絶級だけ周回してたら、かなりファン人数に偏りが出ました。
アイラが特に少ないので今度は封魔級を周回せねばねー

とりあえず周回し続けていけばアイドルポイントのボーナス倍率も上がって
ついでに後半になるほどクエスト1回で増えるファンも100万人単位にはなるものの
序盤は結構ツライので、途中で飽きたり挫折する人もかなり出てきそうな予感。

03

ちなみに事務所レベルがMAXだとボナ倍率99.9倍、
ハード初級でも300万人以上のファンが獲得可能です。


なんてゆーか、正直…
次のイベント(メアレスの新作?)までの時間稼ぎっぽい気がしなくもないケド
報酬をエサに必要以上に反復作業をさせる体質はどうなのかなぁと思わなくもなく。
ほんっっっとーーに同じ事を20~30回づつぐらい繰り返していくだけだもんね(笑)
この辺、ゲームをしてるとゆーよりも
漢字とか英単語の書き取りの勉強してるって感覚のが近いかも?
書き取りの勉強とか生まれてこの方一度もやったコトないから知らんケド
少なくともドラクエのレベル上げ作業の様なワクワク感や期待感は一切ないよね。

なんか、至ってシンプルな内容でも何度でも夢中になって遊んでしまうといった
古き良き時代のゲームは面白いからこそ結果的に売上も付いてきてたと思うケド
先ず課金ガチャの商業ベースありきの上でイベントを肉付けして
表向きゲームの様な体裁をつけただけといった今どきのソシャゲに対して
同じ価値観を求めるのは少々酷な話なのかも知れないのかなーと思う今日この頃。


声優とか絵とかゲーム性とはあまり関係のない部分で萌え豚を釣ってるだけで
面白味もなければやり甲斐の欠片も感じさせないイベントではありますけれども
(…ってゆーか最近のソシャゲって、どこも大体そんなのばかりですケドね)
まぁくじけずにボチボチ消化していきましょー\(^o^)/


※投票のご協力をおねがいしまーす


黒猫のウィズchトップブログランキング黒猫あんてなに掲載して頂いてます